【重要】新型コロナウイルスワクチンの接種に関する集合契約について【会員向けお知らせ】

迅速な共有が必要の為、会員ページではなくトップに記載させていただいております。

「新型コロナウイルス感染症に係る予防接種に関する集合契約について」(厚労省2021.1.15)におきまして各医療機関がワクチン接種を行うための契約の手順が示されました。

 今後、医療従事者の優先接種や住民接種に向けて、会員医療機関のご協力をお願いしなければなりません。その前提となる委託契約を希望される医療機関におかれましては次の手順で契約手続きをお進めください。

【新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種の契約受付システム委任状作成方法】

▶︎作成用アクセス先 https://cont-mhlw.force.com/mhlw/vs_ininJyoTouroku

【委任状作成手順】はこちらから


【委任状(郵送)提出先は下記の通りです。】

〒231-0062

横浜市中区桜木町1-1

横浜市健康福祉総合センター3F

横浜市医師会保健健診課宛

※封筒に「委任状在中」との記載をお願いします。


<委任状システムに関する問い合わせ先について>

*1 あくまでもシステム内の問い合わせ先になります。

*2 ワクチンについての中身のお問い合わせは対応できない窓口です。

~ワクチン接種受付システムサービスデスク~

以下の場合は、ワクチン接種受付システムサービスデスクにお問合せください。

• 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種契約受付システムの操作でお困りの場合

• 保険医療機関の指定を受けていないため、保険医療機関コード設定が必要な場合

• 正確にコードを入力したのに該当データが存在しない場合

電話番号 050-3174-1505

対応時間 8:30~19:00(土日祝を除く)*ただ今、非常につながりにくくなっております。

お知らせ


コロナワクチンについてのお知らせ その2

コロナワクチンの供給の遅れのため、接種開始の時期がまだ確定しておりません。

もうしばらくお待ち下さい。

4月開始は、ケアホーム入所の方々からとなりました。

65歳以上の方は、5月に入り徐々に開始の予定ですが、再び変更の可能性大です。


The informatin of corona virus vaccination 2


The initial plan of vaccination has been changed.

We still cannot set the accurate starting date of vaccination due to delay of supply and

shortage of vaccine.For now it,s planned to start in April only for the people staying in

the nursing homes.

And for the people at the age of 65 or more it,s likely to start gradually in the

biginning of May.But the schedule is subject to change.


La informacion sobre corona virus vacunacion 2


Todavia la fecha de comienzo de la vacunacion de corona virus no es decidida debido

a retraso de llegada y escasez de vacunas.

En abril se empieza para solo gentes en hogar de ancianos. Probablemente se

comienza gradualmente en mayo para gentes con edad de 65 o mas.

Sin embargo hay demasiada posibilidad de cambio.


【区民の皆様へ】新型コロナウイルスワクチンについて

1.日本語 (新型コロナワクチン接種についてのお知らせ)

2. English (The information of the corona virus vaccination)

3. Español(ILa información sobre Corona virus vacunacion)

1.新型コロナワクチン接種についてのお知らせ

接種が受けられる時期

安全で有効なワクチンが承認され、供給できるようになった時には、医療従事者等への最初の接種が 2 月中旬から始められるよう準備を進めています。医療従事者等の後、高齢者、基礎疾患を有する方等の順に接種を進めていく見込みです。なお、高齢者への接種の開始は、早くても4月1日以降になる見込みです。


接種回数

現在確保を見込んでいるワクチンについては、2回接種となる見込みです。


接種の対象や、受ける際の接種順位

全国民分のワクチンの数量の確保を目指しています。大量のワクチンは、徐々に供給が行われることになりますので、一定の接種順位を決めて、接種を行っていきます。現時点では、

次のような順でワクチンを受けていただく見込みです。

(1)医療従事者等

(2)高齢者(令和3年度中に 65 歳に達する、昭和 32 年4月1日以前に生まれた方)

(3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方

(4)それ以外の方

なお、妊婦を優先するかどうかや、子どもが接種の対象となるかどうかなどは、安全性や

有効性の情報などを見ながら検討されます。


接種が受けられる場所

医療従事者:勤務先からお知らせする予定です

高齢者:近隣の診療所・横浜市が開設する接種会場

※それ以外の対象者は、現在未定です

原則として、住民票所在地の市町村(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。なお、次のような事情のある方は、住所地以外でワクチンを受けていただくことができる見込みです。

・入院・入所中の住所地以外の医療機関や施設でワクチンを受ける方

・基礎疾患で治療中の医療機関でワクチンを受ける方

・お住まいが住所地と異なる方


接種を受けるための手続き

(1)接種の時期より前に、市町村から「接種券」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」

が届きます。

(2) ご自身が接種可能な時期が来たことをご確認ください。

(3) ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場をお探しください。

(4) 電話やインターネットで予約をしてください。

(5) ワクチンを受ける際には、市町村より郵送される「接種券」と「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちになってください。

なお、接種費用は全額公費(無料)で接種出来ます。

医療従事者等の方は、一般の方より先に接種が始まります。すでにワクチンを受けた医療従事者等の方にも市町村から接種券が送付されますが、そちらは使用しないでください。

医療従事者等の方の接種方法については、勤務先を通じてお知らせする予定です。


接種を受ける際の費用

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。


接種を受ける際の同意

新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は、強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。


接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。


2. The information of the corona virus vaccination



The vaccination will be started in the order as follows.

1. 65 years old or older people.

2. 64 years old or younger but has chronic disease ,like hypertension ,heart ,kidney liver immune disease etc or obesity with body mass index 35or more.

1. 15 to 64years old healthy people.

2. So far, there is no clear evidence of efficacy for the 14 years old or younger.


When

Now,it,s supposed to be started in April.


Where

You can recieve the injection at

1.clinics nearby

2.especially prepared places or facilities by the municipal office .


How

To the people entitled to receive the Vaccine ,the voucher will be sent from the City office.

Visit the clinics with the voucher and make an appointment for the vaccination.

Second shot is necessary 3 weeks after the first shot to boost your immunity against the corona virus.


Fares

Everything will be done free including doctor,s. fee.


3. La información sobre Corona virus vacunacion


La vacunacion sera empezada en el orden como se escrita abajo.

1.La gente tienen 65años o mayor.

2.64 años o menor pero que tienen enfermadad cronico o obesidad de BMI 35 o mas.

3.15a 64 años gentes con bueno salud.

4.Actualmente todavia no hay evidencia de efecto para jovenes que tienen 14 años o menores.


Cuando?

Empezamos en abril.


Donde

Puede recivir la vacuna en

1.clinicas cercanas.

2.Lugares o edificios especialmente preparados por el ajuntamiento.


como?

Un vale sera enviado a quien tiene derecho a recivir vacuna.Traigan el vale a clinica cercana y pidan una cita.Segunda injeccion es neccesaria 3semanas despues de la primera.


Precio

Todos son gratis.


中区にお住まいの皆様へ、この度中区休日急患診療所が発熱対応医療機関となりました。

昨今の感染拡大状況下の影響で予防対策を要する為、発熱されている患者様におかれましては、通常時と異なるご対応をさせていただいております。

休日急患診療所への発熱されている患者様のご来院に関する方法を掲載しております。

詳しくはこちらからご覧ください。

横浜市中区医師会

住所:横浜市中区本牧町2-353

電話:045-623-0571